初七日はお葬式と同じ日に行うのが一般的

初七日とは、故人が亡くなって7日目に行う法要です。本来であればお葬式の後、最初に行われる法要となりますが、最近はお葬式と同じ日に行うことが多くなっています。

仏教では、人は亡くなった後、すぐに成仏するのではなく、極楽浄土へ向かう旅に出ると考えられています。初七日は旅の始まりを意味する大切な儀式で、旅が終わる四十九日までの間は、七日ごとに近親者が集まり、お坊さんを呼んで法要を行うのが本来のしきたりです。浄土真宗では、人は亡くなってすぐに成仏すると考えられていますが、故人を偲ぶために初七日を始めとする七日ごとの法要を行います。宗派により意味に違いはあっても、現在では、初七日法要はお葬式と同じ日に行い、お葬式の後は四十九日法要で納骨と言うケースがほとんどです。

お葬式と同じ日に初七日法要を行うようになったのには、社会情勢やライフスタイルの変化が大きく関係しています。近親者が必ずしも近くに住んでいるとは限らないため、お通夜・告別式に続いて、七日ごとの法要に集まることが難しくなっているのです。法要には、故人の成仏を祈る、故人を偲ぶと言った仏教的な意味はもちろん、遺族が集まることで、大切な人を失った深い悲しみを、徐々に受け入れて行くと言う遺族のためと言う側面もあります。法要の形は変わっても、故人を思う遺族の気持ちに変わりはありません。お寺さんでも、社会情勢の変化や遺族の事情に配慮して、初七日法要を行うタイミグについて、臨機応変な対応をしてくれることが多いようです。

亡くなってから7日の数え方は、地域によって異なります。亡くなった日から数えるのが一般的ですが、地域によっては亡くなった日の前日から数えるところもあるため注意が必要です。数え方が違えば、法要の日も違って来ますが、実際には、地域を問わずお葬式当日に法要を行うことがほとんどです。ただし、法要が行われるタイミングには違いがあり、東日本では告別式に続けて初七日法要が行われるのに対し、西日本では火葬後に法要を行うことが多くなっています。

初七日は本来、お葬式の後に行われるもので、還骨勤行と呼ばれるお骨になった故人を迎えるお経をあげるのが基本です。火葬の済んでいない式中初七日の場合には、還骨勤行をあげることができません。そのため、お寺さんの中には、式中初七日に難色を示すところもあります。法要のタイミングについては、事前にお寺さんに相談しておくのがおすすめです。

NEW TOPICS

2018年08月09日
ホームページを更新しました。